橋梁点検講習会を受講してきました

北海道が管理する橋梁(橋長2m以上)は約5000橋あり,そのうちの半分は25年後には建設後50年が経過し更新時期を迎えるとの事でした.現在の社会情勢ではそれらすべてを架け替えることは不可能なため,今からの適切な維持管理が重要になってきます.

参加者は500人くらいでしょうか.居眠りする人もほとんどいなく,熱心に受講されていて,本格的に維持管理の時代に突入したと感じました.

生まれ育ち生活している北海道の橋梁をこの人たちと一緒に守っていこうと思います.

DSCF1205_R

2009年7月24日

投稿者 長坂 秀一

【ひとこと】

公共工事に携わる技術者としての「技」は、利用者である地元住民のみなさんが、快適で安全に安心して生活できるものを作れるかどうかだと考えています。発注者や施工者と協力しながら長く使ってもらえるものを提案していきたいと思います。そのためには、日々研鑽です。

技術レポートはこちら
 ・市町村橋梁の長寿命化対策で想定される問題点と新たな点検診断手法の試み
 ・複合ラーメン橋における維持管理の優位性についての検証

【専門分野】主に構造物設計を担当している

【保有資格】RCCM(鋼構造及びコンクリート)、1級土木施工管理技士、コンクリート診断士

【投稿一覧】
  • 秋です!
  • 高所作業車運転技能講習を受講しました
  • 工場見学をしてきました