久しぶりに昔の現場へ

先日、出張ついでに昔やった現場を見てきました。

色々反省すべき点はありますが、設計当初にイメージしていたような小川の雰囲気になっています。
水際にヤナギが密生していないところを見ると、澪筋は固定化されず適度に攪乱されているようです。

施工後10年近く経って、風情のある景観になってきました。

サクラマスは時季外れなので確認できませんが、とりあえずサケは遡上しているようです。
海から栄養を運ぶほっちゃれを沢山確認できました。

上流工区はこんな感じに改修しているようです。
護岸ひとつで、川の雰囲気は結構変わるものだと再認識しました。

2010年11月19日

投稿者 香川 誠

【ひとこと】

いろいろな社外活動にも参加しています。
 H 9~H23 真駒内川水辺の楽校
 H10~H19 北海道川の会
 H13 スイス・ドイツ海外研修
 H15~H22 北大数値計算勉強会
 H19・H20 北海道環境保全推進委員
 H21~H23 北海道Digital研究会
 H22~H23 日本技術士会 北海道支部 RS研究会自然科学教育分科会サポーター
 H23~ 北海道まちづくり協議会 防災・減災研究会
 H24~ 日本技術士会 北海道本部 エンジョイサイエンス研究会サポーター
 H24~ 寿都町 理科特別講師
 H27~ 北見工業大学非常勤講師(水環境工学デザイン GIS演習)

【専門分野】河川計画、河川整備計画、浸水想定区域図、GIS、3D、その他諸々を担当している

【保有資格】技術士(建設部門:河川、砂防及び海岸・海洋)、河川点検士、VEリーダー、1級土木施工管理技士、測量士、CGエンジニア検定ベーシック、情報セキュリティマネジメント(SG)

【投稿一覧】
  • 社外セミナーでUAVの利活用について発表してきました
  • 母校の非常勤講師になりました。
  • 3Dプリンターで砂防えん堤のパーツ組換え模型を作りました

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。