新社屋のご紹介

本社自社ビルを新築し、2024年5月から稼働開始しました

総合建設コンサルタントとして河川や道路等の調査・計画・設計を行う和光技研株式会社(所在地:北海道札幌市)は、事業拡大に伴い自社ビルを更新し、2024年5月13日より新社屋にて操業を開始することをお知らせいたします。

外観-正面1

外観-夜景1

新本社は自社ビル3階建てとなり、旧社屋の約1.5倍の広さとなるため、和光ホールディングスのグループ企業も併せて入居いたします。

床面積が大幅に拡大することを活かして、社員が働きやすく、且つ、お客様に寄り添った高品質な成果品を提供できる環境を実現し、美しくそして安全で快適な地域づくりに貢献してまいります。

【新社屋のコンセプト】

社屋設計にあたり社員有志によるワークショップを行い、今、そしてこれから、技術者としてどう働きたいか、組織としてどうあるべきかを何度となく話しあい、-be connected-を基本方針として設定しました。

 1. 社員同士がつながる … 社員間の交流を活性化する仕掛けを導入します

 2. 未来へつながる … 新技術を積極的に導入します

 3. 社会とつながる … 防災への備えを行い、地域との共存を図ります

 

【新社屋の特徴】

be connectedコンセプトに基づき、社員が働きたくなる社屋となりました。

1.社員同士がつながる

・他部署メンバーとの交流活性化を目的として、フリーアドレスを導入しました。
・さらに偶然の出会いを生み出す場として、コミュニケーションスペース・マグネットスペースを設置しました。

2. 未来へつながる

・単調で無機質な建物ではなく、両端部にRC造の構造体を配置し、それらを中央部の木梁で繋げる、ハイブリット構造を採用しました。
・これにより、地震に強く、且つ、木の香りとぬくもりのあるオフィスを実現しました。

3. 社会とつながる

・建設コンサルタントは、災害時の応急設計対応等も行う企業であるため、緊急時も業務継続が可能な電力を確保できるよう、自家発電機を設置しました。
・Co2排出量の削減に向けて「太陽光パネル」を設置し、併せて「ZEB Ready」の認証を受けた高断熱化および高効率な省エネルギー設備を備えた建築物としました。

【和光ホールディングスビル概要】
■所在地   北海道札幌市西区琴似3条7丁目5番22号
■建築面積  530.43m2
■延べ床面積 1496.10m2
■入居企業  和光ホールディングス各社
(和光技研株式会社、株式会社ワンスコム、株式会社ゆほびか)

【会社概要】
商 号 : 和光技研株式会社
所在地 : 北海道札幌市西区琴似3条7丁目5番22号
代表者 : 代表取締役 坂井 敦行
電話番号: 011-611-0206
ホームページ: https://www.wako-giken.co.jp/

【本件に関するお問い合わせ】
和光技研株式会社  担当:建築補償部 横田
email:yokota@wako-giken.co.jp

ギャラリー