測量分野

○基準点測量(公共基準点・公共水準点)
「基準点」とは、すべての測量の基準とするために設置された測量標であり、この測量標の位置または標高を定める作業を「基準点測量」といいます。基準点測量には、既知点に基づき新点の位置を定める作業の「基準点測量」と、既知点に基づき新点の標高を定める作業の「水準測量」があります。

○地形測量及び写真測量(縮尺1/500~1/2,500)
トータルステーション及びGPS測量機等を用いて、地形・地物等を計測し地図の作成を行ないます。また、写真測量では、航空機より撮影した専用の空中写真を用いて、地図の作成を行ないます。

○用地測量(用地測量・管理測量・一筆地測量等)
土地及び境界等について調査し、用地取得等に必要な資料及び図面を作成します。現地に境界点標の設置も行ないます。
また、地方公共団体が管理を行う道路や河川の調査を行ない、管理に必要な資料等の作成を行ないます。

○路線測量(道路・用排水路・上下水道等)
道路等の線状築造物建設のための調査、計画、実施設計等に用いられる測量(地形・地物等の計測)を行ない、各種図面(現況平面図、縦断図、横断図等)を作成します。

○河川測量(河川・砂防・ダム等)
河川、砂防ダム等の調査及び河川の維持管理等に用いる測量(地形・地物等の計測)を行ない、各種図面(現況平面図、縦断図、横断図等)を作成します。

○海洋調査(漁港・海岸)
漁港、海岸保全施設等周辺の陸上部の地形及び海底部の地形を計測し、施設計画の基礎資料を作成します。

○変形地調査(崖地、急傾斜地、亀裂等)
ノンプリズム計測器や地上レーザスキャナ並びにGPS測量機等を用いて、安全確実かつ敏速に計測することが可能です。

○都市計画調査(交通量調査・OD調査)
ある地点における歩行者類、自動車類の通過交通量や、地点間の自動車での旅行速度等を調査します。OD調査では、自動車の利用実態をアンケート方式により調査します。