補償分野

当社の補償業務は、起業者が事業用地を確保するために必要な土地の取得及び使用又は事業の施行に支障となる権利の消滅、制限に関する事務(土地・建物等の調査、補償金の算定、相手方との交渉、契約の締結、登記、補償金の支払いに至る一連の事務)のお手伝いをとして起業者への御提案をさせていただいております。

調査にあっては、地権者への財産的介入をすることとなる為、時には建物所有権以外の調査・補償が必要となります。

その為、多様な法律・基準等に抵触することがあり社会通念上妥当と判断され且つ、公正な補償を可能とするために知識や技術向上に努めるなど、関係者との円滑なコミュニケーションも図れることを目指しております。

○土地調査(権利調査)
補償業務のスタートとして、その後の補償交渉を円滑に進めるために、土地の権利者の氏名及び住所、土地の所在、地番、地目、面積並びに権利の種類及び土地の境界確認等、土地、建物等の必要な事項を正確に把握する業務です。

○土地評価
取得予定地の更地としての正常な取引価格の算定を行う業務です。

○物件調査
起業地内にある建物やその他の物件の調査から移転工法の作成等を行う業務です。

○営業補償・特殊補償調査
起業地内にある会社や商店、工場などの移転によって、営業の継続が困難になったり一時休止、営業規模を縮小しなければならない場合等の営業補償調査を行う業務です。

○事業損失調査
公共事業を実施する際には、工事や施設が出来ることによって補償・賠償が発生する場合(水枯渇、日照障害、電波障害、農産物・畜産物への影響等)の調査を行う業務です。

○補償関連調査
公共事業を円滑に進めるためには、周辺住民の方々の理解と協力が欠かせません。この調査は当該事業に対する住民の方々の意識を事前に調査するなど起業者と地域住民とのパイプ役となり、用地交渉をサポートする補償説明等を行う業務です。